2007年05月16日

トヨタの車の中で地デジのCMは・・・

昼食をとりながらTVを見ていたら、なにやら聞いたことのある曲の替え歌が。
トヨタのキャンペーンで地デジを見られるミニバンがどうのこうのという内容で、使われている曲はTHE虎舞竜のロードという曲の替え歌(出演しているのは歌っていたご本人だと思います)で、CM内では「地デジが見られるミニバンは幸せだとおもうー」みたいな歌詞だったと思いますが、この曲って悲しい実話を元に作られた曲のような記憶がかすかにあったのでちょっと調べてみたら、

ロードは、日本のロックバンドTHE 虎舞竜の楽曲の一つ。第1章は1993年1月21日のシングル発売後有線放送から話題となり、220万枚を売り上げた。全部で13章あり、累計では300万枚以上を売り上げた。

かつてTBSテレビ系で放送されていた「テレビ近未来研究所」のエンディング曲でもあった。また、1996年には同曲をもとに映画も製作された。恋人を突然の交通事故で失った男性の哀しみを歌った、実話を元にした楽曲である。2006年には静岡県の飲酒運転追放キャンペーンCMとしてこの曲が使われた。
(Wikipediaより)

との事です。すごいヒット曲だったんですね。
この曲が作られたいきさつも、

1987年の冬、当時「トラブル」というバンド名だった彼等のファンである一人の少女(当時19歳)から、ヴォーカルの高橋ジョージの元に届けられたファンレターが、楽曲「ロード」誕生のそもそものきっかけである。 その手紙は、「現在子供を妊娠していて、相手の彼は離婚歴のある一児の父親。しかし『もう子供はいらない…』と言っている彼に、そのことをどう打ち明けたら良いのか」という相談の内容であった。その後、彼女は春に出産することになった。ところが、彼女はその春を迎える前に交通事故で子供と共に死亡してしまったそうである。

この事実に衝撃を受け、高橋ジョージは「ロード」を作詞・作曲したという。
(Wikipediaより)

感じ方は人それぞれだとは思いますが、深刻な実話が元になっているみたいです。

いや、まぁ、別に良いんですけど、映画にまでなった実話を元にした曲を、こういう使い方をするのはあまり趣味が良くないんじゃないかなぁとふと感じたので、ちょっと書いてみました。


ロード (楽曲) - Wikipedia

posted by みすずかる at 13:36| Comment(2) | TrackBack(1) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みすずかるさんの意見に同意です。
サンジャポで笑いを振りまいていても、「ロード」の誕生秘話が支えになって前向きに見ていたんですけどねぇ・・・

他人がパロディーにして歌ったらきっと怒るだろうに、本人が替え歌にするとは・・・
Posted by T at 2007年05月20日 10:45
コメントありがとうございます。

本人が替え歌を歌っているというのもどうかなぁと思うのですが、「ロード」の誕生したいきさつが、妊娠していた女性が交通事故で亡くなられたというエピソードがあるにもかかわらず、自動車メーカのCMで、しかも替え歌というのは、私としては常識を疑うというか、何と言うか・・・ここまでやられると、わざと企業イメージを悪くしているんじゃないかとすら思ってしまいます。

このCMを作った広告代理店も、トヨタも企業としてどうなのかなぁと考えさせられます。
Posted by みすずかる at 2007年05月21日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

お金で売れるもの
Excerpt: 本来ブログで批判的な意見は書かない主義ですが。。 あえて今日は批判的なエントリをします。 ======== お金で売ってしまう ======== 僕の大好きな曲にThe虎舞竜の『ロー..
Weblog: NET広告代理店サムスルより    人のために、そして自分の為に
Tracked: 2007-06-01 02:16
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。